ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ハローワーク[職安]

文字サイズ

公共施設の施設情報を検索できる「パブリネット」が、ハローワーク[職安]に関する用語(ま行)をご紹介します。ハローワーク[職安]で使われる用語等、様々な用語を収録。ぜひハローワーク[職安]用語集をご活用下さい!

ハローワーク[職安]用語集

ハローワーク[職安]用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

ま行

  • マザーズコーナー

    マザーズコーナーとは、子育てをしながら就職を希望する人に対して、専門に就職支援するハローワークの窓口のこと。政府の再チャレンジ策、少子化対策の一環として、2006年(平成18年)4月、全国12の都市で開設された。マザーズコーナーでは事前相談票をもとにして本人の就職希望やニーズ、現在の状況のヒアリングを行なう他、早期就職希望者には就職実現プランの提案も実施している。また、窓口を担当者制にすることで就職希望者の情報管理の一元化、ニーズ把握を正確にできるよう取り組む場所も。母親の再就職相談の場所であるため、キッズスペース、授乳用の個室を備える場所も多く、子ども連れでも気軽に相談に行ける環境を整えている。マザーズハローワークのない県の公共職業安定所内に、業務内容はほぼ同じながら小規模となるマザーズサロンが設置されていることもある。

  • 未払い賃金の立替払い制度

    未払い賃金の立替払い制度は、企業倒産により賃金が支払われないまま退職した労働者に対して、未払い賃金の一部を立替払いする制度のこと。立替払いを受けることができるのは、次の要件を満たしている場合に限る。使用者が1年以上事業活動を行なっていたこと、企業が倒産したことが条件のひとつ。ただ、倒産も大きく分けて2つあり、法律上の倒産 、事実上の倒産に該当する場合となっている。労働者が倒産について裁判所への申し立て等(法律上の倒産の場合または労働基準監督署への認定申請(事実上の倒産の場合))が行なわれた日の6ヵ月前の日から2年の間に退職した者であることも条件。未払い賃金の立替払い制度の対象となる未払賃金は、労働者が退職した日の6ヵ月前から立替払い請求日の前日までに支払期日が到来している定期賃金と退職手当のうち、未払いとなっている物とされる。ボーナスは対象とはならないこと、そして未払い賃金の総額が2万円未満の場合も対象とはならない。

  • 面接

    面接とは、人物像や能力を見たり聞いたりするため、直接会って対話をする行為を指す。就職、転職においては雇い主が求職者を選別する場合に使われる。面接では能力、適正、性格と言った価値を測り、誰を採用するかの基準となる。面接において求職者と接する人を面接官と呼ぶ。面接は面接官と求職者のみの場合の他、集団面接、グループディスカッションなど複数名で行なうこともある。類似する言葉に面談がある。就職活動の場などでは、面談は選考の最終段階や内定、採用決定後に行なわれることが多い。面接とは異なり、もう少し踏み込んで話をしたり、あらかじめ話す内容を決めておいて、お互いの疑問点を解消するためざっくばらんに会話が交わされたりすることが一般的。

日本全国の公共施設や生活・通信インフラ関連の施設を検索できます。お探しのカテゴリを選択して下さい。

すべてを見る

ページ
トップへ
ページトップへ戻る