ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
ハローワーク[職安]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職安情報

サポステとは



「サポステ」とは、厚生労働省が認定する就業支援施設「地域若者サポートステーション」の略称です。15歳から39歳までの方に対し、就職支援を行なっています。

地域若者サポートステーションについて

地域若者サポートステーションについて

サポステは、厚生労働省から委託を受けて、全国のNPO法人や民間企業、財団法人、社団法人、学校法人など、若者に対する支援の実績やノウハウがある組織が運営しています。そのサービスのほとんどは無料で提供されています。

サポステの役割

サポステでは、15歳から39歳までの若者で、特定の仕事に就いていないいわゆる無職者を対象とした様々な支援活動を行なっています。働くことに対してどうしたら良いか分からない、自信が持てないという人や、対人関係やコミュニケーションが苦手で、会社生活をうまく送れない人などを主な利用対象者としています。本人だけではなく、家族や関係者の方に対する支援も同時に提供しています。

サポステのサービス

サポステのサービスは、ほとんどが無料で提供されています。詳細なサービス内容としては下記のようなものがあります。

専門家による相談

若者の就職に関するキャリア・コンサルタントなどが、個別の就職希望などをヒアリングしながら就職プランを練り上げていきます。その人に適した支援プランを提案するだけではなく、就職する際の悩みや問題を解決していきます。サポステ内部に限らず、必要に応じて外部の支援機関を紹介することもあり、メンタル面のカウンセリングを行なっているサポステもあります。

ステップアップ・プログラム

ワークショップなどのプログラムが複数用意されており、段階を踏んで就職できる環境やマインドを作り上げていきます。内容としては、テーマに沿ったグループワークや、職業講話、採用面接の練習など、コミュニケーションを中心としたプログラムが作成されています。

職場見学・職場体験

様々な人の「働く場」を訪れ、実際の仕事を見たり、体験したりすることで「働く」という意識を目覚めさせます。他のプログラムにも影響を与える、とても重要な活動です。

保護者向け支援

子どもが「働けない」や「働かない」という悩みを持っている保護者を対象に、セミナーなどを行なっています。支援していくうえで大切なことや、本人へ接する方法などをレクチャーします。保護者自身の悩みに対して相談に応える、個別相談なども設けています。

サポステの関連機関

サポステは、他の機関と連携して若者支援を行なっています。

  • ハローワーク
  • 各教育機関
  • 保険・福祉・行政機関
  • 地域社会(各自治体など)