ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
ハローワーク[職安]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職安情報

ハローワークのカラ求人とは



カラ求人とは、近年問題となっている架空の求人のことで、採用予定のない企業が、求人情報を掲載しながら実際は採用しないケースのことを指します。

カラ求人の実態

カラ求人の実態

カラ求人は、主に無料で求人情報が掲載できる職業安定所(ハローワーク)で行なわれているという話がありますが、その実態は明確ではありません。

何故ハローワークでカラ求人が発生するのか

前提として、ハローワークは公共機関であるため、人員削減や給与削減を簡単に行なうことができないという背景があります。そのような環境下で、職員はその地域の有効求人倍率を伸ばすことを求められます。しかし、景気が低迷している時期などは、企業も採用活動をしている余裕がありません。これらの状況によって、「カラ求人」と呼ばれる求人情報が発生したと見られています。

カラ求人を掲載する企業側の事情

民間の就活サイトや転職サイト、その他求人誌に求人情報を出すと、それなりの広告料がかかります。そのため、企業側も本気で採用活動をするときにしか掲載しません。しかし、ハローワークの求人掲載は基本的に無料です。そのため、地域商工会との「お付合い」や、ハローワーク職員の強い要望に押し切られて、架空の求人情報を掲載することが多いようです。中には募集要項の応募範囲を狭めたり、条件のハードルをわざと高く設定したりするなどのカラ求人を出す企業もあります。就職難の際は、それでも求職者が殺到する場合もあると言います。しかしこの場合、そもそも企業側には採用の意図はないので、求職企業側としては仕方なく書類審査、面接だけは実施するも、検討の余地なく不採用通知を出すことになります。

カラ求人の被害に遭わないために

この「カラ求人」によって最も実害を被るのは、ハローワーク職員でも求人企業でもなく、求職者自身です。カラ求人によって貴重な就職活動の時間や労力が無駄となり、場合によっては「カラ求人」への応募を繰り返すような事態にもなりかねないのです。しかし、これらの求人の実態は、いくら個人が調べても把握するには限度があります。ただし、ヒントとしてはいつ見ても同じ企業の求人内容が出ている場合は要注意です。この場合はカラ求人の可能性や、実際に入社してもすぐに人員削減、または辞めたくなる仕事であるということが予想されます。とは言え、実際に採用されなければカラ求人だったのかどうかは、分からないのが実情です。そのため、ハローワークから求人に応募した際は、例え不採用だったとしても気にしすぎないことが大切かもしれません。