ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
ハローワーク[職安]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職安情報

雇用保険の適用
(雇用保険被保険者資格の取得、喪失手続き)



事業者は、雇用保険の基準を満たす労働者が被保険者になったことをハローワークに届け出る必要があります。これは雇用保険法に基づいてのもので、労働者や事業者の意思に関係なく、取得及び喪失の届け出は必ず提出しなくてはなりません。

雇用保険とは

雇用保険とは

雇用保険とは、労働者を守る措置のひとつで、離職及び失業した際に給付金が支払われ、失業中の生活の安定や再就職への助けとなります。給付は、正規雇用、派遣労働者など雇用形態、離職及び失業の状況によって条件が異なります。

雇用保険の適用と定義

1人でも労働者を雇用している事業者は、労働者を雇用保険へ加入させる必要があります。また、規模や業種を問わず、すべての事業に適用すると定められています(ただし農林水産業の一部を除く)。このとき、事業者は各種の届け出と労働保険料の納付が義務として課されます。加入手続きが必須となる労働者の定義は、事業者のもとで労働をして、その収入によって生活をしている人です。臨時就労などはこの定義に入りません。

パートタイム労働者の場合の雇用保険

パートタイム労働者の場合、31日以上の雇用が見込まれること、1週間に20時間以上労働することの2点の基準に該当する場合は被保険者となります。期間においては、以下のどれかに該当する場合となります。

  • 雇用期間が定められていない場合
  • 雇用が31日以上である場合
  • 雇用契約に更新の定めがあるが31日未満で解雇の指定がない場合
  • 更新の定めはないが31日以上雇用された実績がある場合(当初は31日未満の予定であったが、その後31日以上の雇用が見込まれた場合においては、そのときより雇用保険の被保険該当者となります)。

いずれかに該当する場合、事業者は雇用保険被保険者資格取得届をハローワークに提出します。被保険者となった日の帰属月の翌月10日までに届けることが定められています。

事業者は労働者へ交付を行なう

雇用保険の被保険者の届出を行ない、ハローワークの確認を受けると、雇用保険資格取得等確認通知書と雇用保険被保険者証が交付されます。交付後、労働者自身が、雇用保険に加入できたことをきちんと確認するため、事業者は労働者本人へこれらを交付することが義務となります。

資格喪失の場合の手続き

資格喪失の場合は、労働者が保険から外れる事実のあった日の翌日を起点として数えた10日以内に申請を出すことが必要です。資格取得よりも期限が短いので、資格喪失の場合は迅速な対応が必要となります。