ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
ハローワーク[職安]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職安情報

ブラック企業の実態とハローワークとの関係



ブラック企業とは、かつては暴力団などの反社会的集団とのつながりが常態化している会社(暴力団の隠れ蓑的な会社)などを指す言葉でしたが、近年では、労働者を異常なまでに酷使したり、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントなどで肉体的、精神的に追い詰めて自主退職させるような会社のことを指す言葉として定着しました。この背景にはワーキングプア問題など酷使されても働かざるを得ない労働者が多く存在し、企業は法律の関係上、会社の業績が下がっても簡単に正社員を解雇できないといった社会状況が複雑に絡んでいます。ここでは、ブラック企業の実態とハローワークとの関係について解説します。

こんな企業は要注意

こんな企業は要注意

「ブラック企業」は2013年に流行語大賞にノミネートされたことで注目された言葉ですが、実際には、かなり昔から「過労死」などが、社会問題となっていました。ブラック企業には「長時間の残業を強いる」といった特徴がある他、以下のような特徴が挙げられます。列挙する特徴に該当すればすなわちブラック企業ということではありませんが、ここではブラック企業への就職を避けるための目安として一般的に知られているものを挙げます。

離職率が高い

離職率が高い企業は「辞めたい人が多い」という理論からブラック企業と考えられる場合があります。しかし、離職の理由は個人によって様々であり、業界や業種によっても離職率は大きく異なってくるので、同じ業界の競合他社などと比較してみましょう。

平均勤続年数

勤続年数が短い企業も「辞めたい人が多い」会社であると考えられるため、こちらも同じ業界の競合他社などと比較してみましょう。

やたら正社員募集の求人広告を出稿している

常に正社員を募集している会社は辞める社員が多いと考えられます。

ブラック企業を見極めるには

入社する前から「ブラック企業」かどうかを見極めるのは非常に難しいものです。実際、企業全体ではなく、一部の支店や支社や部署など局所的に"ブラック"な場合が多く、企業全体を指して「ブラック企業」とは言い難いケースが多いからです。

ハローワークでは、企業側が求人票を無料で掲出できるため、求人広告雑誌などに広告料金を支払って求人を行なう企業よりも"求人への本気度"が低いためブラック企業の求人に引っかかりやすいと言われることがあります。しかし、ハローワークの求人票は、求人雑誌などの平均的な広告スペースよりも多くの情報を掲載できるので、ハローワークの求人票をしっかりと読み込めばブラック企業かどうかの参考にできます。また、求人広告の場合には、直接、会社とやり取りをするしかありませんが、ハローワークでは職員を経由して企業に質問することができるので、気になる場合にはハローワークに聞いてみることで疑問が解決できます。

ハローワークの求人票を見る際には、「就業時間」、「昇給などの手当て」、「加入保険」の欄で気になることがあれば、職員に相談してみましょう。「求人条件の特記事項」などもしっかり読むことが重要です。また、基本的なことですが、求人票に記載されている会社のホームページは必ずチェックし、採用情報のページや会社概要などにおいて間違いがないか確認しましょう。