ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
ハローワーク[職安]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職安情報

教育訓練給付雇用保険とは



教育訓練給付は、就業者・失業者問わず受けることができる給付金です。ここでは、教育訓練給付について紹介します。

教育訓練給付の目的とは

教育訓練給付の目的とは

教育訓練給付は、雇用保険の給付制度のひとつです。目的は、就業者及び失業者の能力開発やスキルアップの促進により、失業者を減らすことにあります。つまり、就業中の人は失業の回避を、失業中の人は雇用の促進を目指しています。なお、給付を受けられる訓練は、厚生労働大臣により指定されています。

給付対象者と給付対象講座について

教育訓練給付は就業者・失業者を問わない代わりに、受講開始日時点で被保険者期間が3年以上必要です。教育訓練給付を受けられる講座は、情報系、営業系、サービス系、事務系、社会福祉系など豊富にあります。自分の気になっている講座や資格が対象になっているかどうか確認してみましょう。なお、確認には専用の検索サイトがあります。修了には基準が設けられており、例えば通学講座なら、出席率が8割以上かつ試験の正解率が7割以上となっています。通信講座なら、課題提出率8割以上かつ試験の正解率が7割以上です。修了の基準を満たしていない場合は、給付金は支給されません。

いくら支給されるのか

教育訓練給付は受講費の20%を支給します。ただし、上限は10万円、下限は4千円です。4千円未満の場合は支給されません。また、受講のためにスクールに入学した場合は、入学金も給付金の対象となります。ただし、スクールのキャンペーンなどで割引された場合、割引分は教育訓練給付の対象となりません。つまり、実際に支払った金額のみが給付の対象となります。

手続き方法について

手続きは、居住地域を管轄するハローワークで行ないます。手続きに必要なものは、全部で8点あります。

  1. 教育訓練給付金支給申請書
  2. 修了証明書
  3. 領収書
  4. 本人・住所確認書類
  5. 雇用保険被保険者証
  6. 教育訓練給付適用対象期間延長通知書(適用対象期間の延長をしている場合)
  7. 返還金明細書(資格を取得したスクールや勤めている企業で何らかの利益を得た場合に、スクールより発行されます)
  8. 通帳またはキャッシュカード(通給付金を振り込んでほしい口座のもの)

ハローワークで給付される教育訓練給付金は、返還金明細書に記載された金額を差し引いた分の金額が給付されます。なお、支給の申請には期限があり、修了日の翌日から1ヵ月以内に手続きをしないと、申請ができなくなってしまいます。