ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
ハローワーク[職安]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職安情報

封筒の書き方



応募用の書類がすべてでき上がったら封筒を書きますが、封筒は書類を開く前から担当者の目にとまり、ビジネスマナーを見られるポイントです。ここでは封筒の正しい書き方と注意点をご紹介します。

封筒の表の書き方

封筒の表の書き方

封筒の表には送付先企業の住所と宛名、同封書類を記載します。住所は都道府県名から縦書きで書いていきます。番地はハイフンで繋げるなど省略をせず、ビル名、階数も書きましょう。次に会社名、部署名を記します。会社名、部署名は二行に分けて書くのが一般的で、一行目に会社名、二行目に部署名を書きましょう。宛名は封筒の中央に、住所よりも大きめの文字で書きます。文字サイズは大きすぎてもバランスが悪くなるので注意しましょう。

また、送付先が個人名ではなく部署名となっている場合には、敬称を正しく使いましょう。宛先が個人名なら「様」ですが、部署名の場合は「御中」が正しい使い方です。「採用ご担当者様」とするのも良いでしょう。左下には同封書類を赤で記載します。四角で囲むとより伝わりやすくなります。送付書類の文字の大きさは、宛先の住所よりも小さめにしましょう。

封筒の裏

裏面には送付日と自分の住所、氏名を縦書きで記載します。送付日は、投函する日を記載しましょう。住所は送付先と同様、都道府県から省略せず丁寧に書きましょう。封筒の左下に、サイズのバランスを見て記述します。インターネットでサンプルを見るなどして、文字のサイズ感やバランスを確認しましょう。

切手や封筒、記述の注意点

切手の料金不足で企業に不足分を支払わせることのないように、送付時には郵便局の窓口を利用するなど正確な料金で送付しましょう。封筒は、送付書類を折らずに入れられるものを使用すると折り目を伸ばす手間もなく、印象が良くなります。送付書類より少し大きめのものを用意しましょう。

縦書きの場合は住所や部署名に混ざる数字は漢数字を使います。間違えてしまった場合は修正テープ等を使わず封筒を新たに用意し、一から書き直しましょう。そのためにも、封筒は多めに用意しておく必要があります。封筒は封をしてから密封マークを書きますが、バツ印ではありませんので注意しましょう。

より印象を良くするためにしておきたいこと

送付書類はクリアファイルに入れてから封筒に入れましょう。水濡れを防ぐだけでなく、書類がしわにならず、綺麗な状態で相手に届きます。気遣いができることも伝わり、良い印象を与えられるでしょう。