ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
ハローワーク[職安]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職安情報

職務経歴書とは



履歴書の他に、職務経歴書を求める企業が増えています。職歴のある人なら、自身がアピールしたい経歴を企業側に伝えられる書類となります。ここでは職務経歴書についてご紹介します。

職務経歴書の目的とは

職務経歴書の目的とは

これまでのフォーマット化された履歴書では職歴を記入する欄が小さく、社名や部署名くらいしか記入できませんでした。そこで履歴書とは別に職務経歴書を用意し、詳しい経歴や実務経験、実績などを記載することで、企業側に本人の能力や職務経験を具体的に比較してもらうことが可能になりました。これにより現在では履歴書よりも重視する企業があり、職務経歴書の重要性は転職において重要な役割を持っています。

職務経歴書に書くべきこと

職務経歴書は決まったフォーマットや項目はありませんが、市販の履歴書に付録されていることがほとんどです。職務経歴書にはこれまでの知識や職歴、職務内容の記述の他、応募職種、志望動機、自己PRを合わせて記載すると、説得力が上がります。また、履歴書とバラバラになってしまうので、氏名と面接日(送付の場合は送付日)は忘れずに記入しましょう。

職務経歴書で気を付けたいこと

職務経歴書は履歴書に書けないことを書くためのものですので、内容が重複していては効果がありません。応募先の企業に合わせて内容をカスタマイズしましょう。その場合、応募先企業が欲しいと思っている人材や強みをよく分析しカスタマイズを行ないます。

ボリュームやフォーマットはどうしたら良いか

ボリュームはA4で1~2枚が適切です。職歴が多くてアピールポイントが多い場合でも、欲張らず2枚以内に留めましょう。簡潔にまとめることが評価されることにも繋がります。現在は、パソコンで作成するのが一般的になっています。手書きの場合は、職務経歴書用の用紙を購入しても良いですし、罫線のみが入った用紙を使えばオリジナリティのある職務経歴書を作れるでしょう。

職務経歴書では、全体のレイアウトなど見やすい資料が作れるかどうかの判断もされます。インターネットで検索するとサンプルがたくさんありますので、サンプルを参考に作成すると、まとまりよく作成できます。フォントの種類、フォントの大きさにも配慮しましょう。見出しはゴシック体、本文は明朝体を使用するものが好まれます。

面接で使われる職務経歴書

面接では、職務経歴書を見ながら話をされることがよくあります。ですから、職務経歴書の内容はきちんと頭に入れておき、事前にある程度質問を想定しておきましょう。質問されたときにスムーズに答えられると、担当者の印象も良くなります。また職務経歴書全体を見直して、矛盾がないかも確認しておきましょう。