ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
ハローワーク[職安]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職安情報

履歴書の書き方(1)



書類審査や面接で必要となる履歴書は、経歴だけが見られているのではありません。採用担当者は、応募者が正式な書類を書けるかどうかもチェックしています。ここでは、履歴書の基本情報欄、学歴欄、職歴欄の書き方について説明します。

基本情報欄の正しい書き方とは

基本情報欄の正しい書き方とは

基本情報欄の上に、日付を記入するところがあります。日付は書類を送付する前日か、当日の日付を記入しましょう。間違っても、何日も前の日付で提出してはいけません。ルーズな人とみなされる可能性があります。氏名欄で気を付けたいのは、「ふりがな」です。「ふりがな」と書いてあれば平仮名で、「フリガナ」と書いてあれば片仮名で記入します。年齢の欄では、日付欄と同様に書類を送付する時点での満年齢を記入します。住所欄でつい省略しがちなのが、都道府県名やマンション名です。どちらも正しく記入しましょう。また、住所が長い場合は、最初から字数を考慮して記入します。最後の方だけの字が小さいといった不格好にならないように注意しましょう。電話番号は、日中に連絡が取れる番号を記入し、携帯電話の番号のみでも大丈夫です。メールアドレスは個人のものを記入しましょう。肝心の写真ですが、身だしなみは非常に重要です。服装や髪形、メイクなどにも充分注意しましょう。また、書き損じを考慮して、写真を貼るのは最後にする方が無難です。写真の裏には氏名を記入するのを忘れないようにしましょう。

学歴欄で気を付けたいこと

学歴は、小学校から書く必要はありません。基本的に最終学歴のひとつ前からで充分です。つまり最終学歴が大学なら、高校からで問題ありませんが、1行目に「学歴」と記入するのを忘れないようにしましょう。入学・卒業の年号は、西暦でも元号でも構いません。ただし、履歴書全体で西暦か元号かを統一しましょう。また、同じ学校名でも「同上」や「〃」で省略せず、必ず学校名をきちんと記入しましょう。

職歴欄のポイントとは

最初の一行目には「職歴」と記入しましょう。年号は学歴欄と同様です。職歴は時系列に、会社名も正式名称で記入しましょう。そして次の行に業種、従業員数を記入します。その次の行には、配属された部署、携わった仕事内容、役職などを記入しましょう。これらの情報により、相手に、より「あなた」という人間のキャリアがイメージしやすくなります。退職した場合は、一般的に「一身上の都合により」と記入します。しかし、会社都合の場合は、「会社都合により」と記入して下さい。最後の職歴を書き終わったら「現在に至る」と記入し、次の行の右端に「以上」と記入して下さい。