ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
ハローワーク[職安]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職安情報

ハローワークにおける求職手続き



ハローワークは就職支援や雇用促進、失業者への雇用保険給付など求職者や求人企業に向けた様々なサービスを行なっています。求職者は年齢や家族構成、資格などを問わず相談することが可能なので、仕事を探すにはまずハローワークへ出向き、求職の手続きをすることが第一歩となります。そこから自分の希望職種を決めたり、必要なスキルを洗い出したりと、相談員と相談しながら就職活動を始めます。

手続きに必要なもの

手続きに必要なもの

まずは、手続きのために最寄りのハローワークを調べましょう。求職手続きだけならば管轄は関係ありませんので(雇用保険関係の場合、住んでいる管轄のハローワークでなければいけません)、自宅や就業場所など自分にとってアクセスの良いところが良いでしょう。ただし、1回で休職手続きは完了する訳ではないので、無理なく通える場所が望ましいです。また、開庁時間は変更されることもあるので働いている人は事前に開庁時間を調べておきましょう。開庁時間は各ハローワークのホームページで調べることができます。

求職手続きへ

求職手続きには、求職申込書の記入が必要です。求職申込書とは、就職の希望条件(職種、賃金、勤務地など)記入欄の他に、自分の経歴や持っている資格等を記入する欄があります。これは、ハローワークへ登録するための重要な資料となり、ハローワーク側が求人を紹介する際の指針となる他、国民の就職状況を把握するデータとしても活用されますので、漏れなく記入しましょう。

積極的にハローワークの活用を

申込書の記入が済み、窓口へ提出することでハローワークへの求職手続きがほぼ完了します。受理されると、「ハローワークカード」が付与されます。これには求人番号が書いてあり、自身の応募状況をデータ管理してくれます。職業相談を利用したり、求人の紹介を受けたり、応募したりする際には必要となる大事なカードです。

ハローワークでは、求職手続きを行なうことで様々なサービスを受けることができます。直接マンツーマンで相談ができる「職業相談窓口」の利用や、履歴書や面接対策などの各種セミナーの受講、そして求人紹介を受けるとハローワークから「紹介状」を受け取ることができます。企業側はハローワーク経由の求人で採用すると、助成金がもらえることもありますので、積極的に採用する場合もあります。このようなハローワークのサービスを活用して、就職・転職につなげましょう。