ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
ハローワーク[職安]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職安情報

ハローワークの職業分類
「輸送・機械運転の職業」



輸送・機械運転の職業は、路線バスや電車の運転士、タクシードライバーなど生活に馴染みがある職種から、産業廃棄物の収集運搬車やクレーン車の運転士など、建設業を中心とした産業に関する職業まで幅広く存在します。

輸送・機械運転の職業の特徴

輸送・機械運転の職業の特徴

輸送・機械運転の職業のうち、バスの運転士やタクシードライバーなど市民生活に密着している仕事については、比較的個人で行なう仕事が多いので、一人で仕事を進めたいという方に向いているということができます。ただ、ほとんどの場合、一定の資格が必要であり、実務経験だけでなく事故歴がないことなども要求されますので、就職することが難しいという特徴もあります。また、タクシーは、業界自体が飽和状態であり、国土交通省が参入規制を施している珍しい業種でもあります。これに対して、産業廃棄物の収集運搬車の運転やクレーン車の操縦などに従事する職業の場合には、建設会社で働くこととなるので、組織の中においてチームプレーで働くこととなります。建設会社などの求人は、全国どこの地域でも比較的多い傾向にありますが、資格が要求されるものが多いので、資格取得が就職の前提となっていることがほとんどです。

輸送・機械運転の職業をハローワークで探すことのメリット

運送・機械運転の職業は、必然的に事故の危険性を伴います。ときには、生命にかかわる事故や障害を負う事故に遭遇する場合もあります。そのため、輸送・機械運転の職業に就業する場合には、勤める会社が国の労災保険やその他の任意保険に加入しており、どれくらいの保障がなされるのかが重要となります。しかし、クレーン運転士など危険な仕事に従事させるにもかかわらず、国の労災保険への加入手続きをとっていないなどの会社は実際に多数存在するのが現実で、いわゆる建設業の社会保険未加入問題はしばしば労災問題として社会問題化することもあります。しかし、ハローワークでの求人は、労災保険などの労働安全衛生環境が整っていない会社の求人は受理、紹介をしないこととなっているため、ハローワークの紹介による就職先は労働安全衛生について一定の配慮があることが保証されています。

また、ハローワークに求人を出す会社の中には、雇用のための助成金をもらっている会社もあり、労災事故が発生すると助成金の支給を受けることができないというデメリットがありますので、労働安全衛生環境への配慮が行き届いている会社が多いと言えます。そのため、ハローワークで運送・機械運転の職業を探すことは安全な職場を見付けるためにとても役立つということが言えるでしょう。