ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
ハローワーク[職安]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職安情報

ハローワークの職業分類「生産工程の職業」



生産工程の職業とは、工場などで働く職業のことを指します。特別な技術が必要な職種が多く、ハローワークでも求人が多い「手に職」系の仕事です。

生産工程の職業の特徴

生産工程の職業の特徴

生産工程の仕事は例えば、機械の組立や加工の仕事、本の製本作業など物を作っていくプロセスに関与する仕事のことを指しています。生産工程の仕事は華やかな面は少ないものの、習熟した技術や経験が必要となる職業が多く、能力や経験によって大きく賃金が異なってくるというのが特徴です。また、パートタイムで就労することができる、比較的単純な仕事も多く存在します。

生産工程の職業の探し方

「生産工程の職業」というのは、ハローワークによる分類であり、働く実態としては一言で生産工程の職業とまとめにくい面があります。例えば、電気機械器具の組立設備の仕事と書籍の製本工程に関与する仕事では、求められる能力や仕事の向き不向きが大きく異なります。あくまでも生産工程の仕事という分類は、物を作り出す過程に着目した独特の分類です。そのため、生産工程の職業を探す場合には、実際にどのようなタイプの仕事があり、その内容はどのようなものかをじっくりと検討することが重要となります。ハローワークの分類による、生産工程の仕事については、大きく分類すれば(1)機械類の生産工程に関するもの(2)食品の生産過程に関するもの(3)紙類(ダンボールなども含みます)の生産過程に関するもの(4)その他の生産過程に関するものに分けることができます。(4)その他の生産過程に関するものとしては、映画カメラマンや舞台の照明係などが生産工程の職業に該当します。カメラマンや照明係も、生産工程という面に着目すれば、映画や舞台演劇の生産工程に分類されるという理解です。

仕事によっては資格が必要。職業訓練なども考慮に

生産工程の仕事については、その職業に就くために一定の資格が必要であったり、資格があることで就職に有利となるものもあります。例えば、板金の仕事をするにあたっては、板金技能士の資格を保有していることが有利となります。また、建築士として働くにはCAD(コンピュータ支援設計)の資格があると就職に有利です。生産工程に関する仕事に必要な資格取得については、ハローワークの実施する職業訓練を利用することが可能なものがあります。職業訓練は、一定の生活費を受け取りながら、職業訓練を受けることができるというものです。ハローワークで仕事を探すにあたっては、この職業訓練を利用することもひとつの手段ということができます。