ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
ハローワーク[職安]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職安情報

ハローワークの職業分類「事務的職業」



厚生労働省編職業分類における「事務的職業」とは、主に人事、総務、会計関係の文書や、生産、営業、運輸、通信に関する事務の仕事を指します。専門的な知識や技術は必要ありませんが、一般的な事務関連知識や経験を求められる職業です。主にサポート側に回る職種ですので、幅広い業務に就ける可能性があると同時に知識も必要となります。

事務的職業の求人

事務的職業の求人

「事務的職業」はその他の職種に比べてとても多く求人されます。

その理由としては、第一に専門的な知識が必要ではないことや、未経験でも採用する企業が多いことです。未経験でも採用される理由は、企業によって事務職に求める業務内容が違うので、前職の経験が活かせる場合や、パソコンスキルが一定以上であれば良いという場合が多いためです。そして事務職は転職する方も多く、派遣社員で補う場合も多いため、求人数が多い傾向にあります。しかし、求人が多い職種ではあるものの、応募者も多いため採用の比率が高いとは言えません。未経験でも採用されることから他業種からの応募も多くなり、経験があるからといって簡単に転職できる職種ではないようです。

事務職の多い業種

事務職の求人は、商社やメーカー系に多くあります。通常の人事・総務にかかわる人材が必要であることに加え、生産や営業の部署でも事務職は必要となってきます。そのため部署が多い企業になる程その分、事務職の必要性が高まってくるのです。

事務職に必要な知識・スキル

事務職と一言で言っても「小分類」では様々あり、求められる経験や知識、スキルは変わってきます。また、同じ分類の事務職でも大企業と中小企業では一人当たりの仕事量や内容も異なるでしょう。一般的に大企業では事務職の仕事内容はシンプルになり、中小企業では仕事の範囲は広く様々な業務に携わることになります。事務職に就くには、基本的なパソコンスキルやコミュニケーションスキルは必須ですが、営業経験者が優遇されたり、英語が話せた方が良かったりと職種によって求められるスキルは様々です。IT技術の進化により、以前は手作業でやっていた仕事もパソコンでできるようになったことで、必要とされる事務職の人数が少なくなる場合もあります。

事務的職業の種類

ここでは事務的職業の「中分類」を紹介します。事務職と言っても、ひたすら作業をこなすタスク系のものや、コミュニケーションスキルが求められるもの、知識や資格があると役立つものなど様々です。以下事務的職業の種類の例です。

  • 一般事務の職業
  • 会計事務の職業
  • 生産関連事務の職業
  • 営業・販売関連事務の職業
  • 外勤事務の職業
  • 運輸・郵便事務の職業
  • 事務用機器操作の職業