ご希望のハローワーク[職安]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
ハローワーク[職安]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

職安情報

ハローワークの歴史



公共職業安定所(ハローワーク)の歴史は、1906年、東京市のキリスト教団体・救世軍本部に設立された「無料職業紹介所」が最初とされています。1911年には、公共機関としての職業紹介所が同じく東京市に設置され、全国的に広がっていきました。現在も、時代とともに移り変わる労働環境の変化に柔軟に対応し、職業紹介等の求職者・被雇用者のサポートを行なっています。

ハローワークの必要性

ハローワークの必要性

ハローワーク(公共職業安定所)は、時代とともに様々な変化を遂げています。1940年に職業紹介法が改正され、それまで市町村が運営していた公共職業安定所は、国に移管されることとなりました。名称もそれまでの「公共職業安定所」ではなく「国民指導所」に変更され、特に戦時中は軍事産業への半ば強制的な動員のための機関でした。戦後、産業の多様化や国際化の流れとともに、労働に対する意識やニーズが変化したため職業安定法の改正が行なわれ、さらには民間の職業紹介事業が自由化され、労働者へのサポート体制が整ったのです。

ハローワークのオンラインサービス化と転職支援

ハローワークでは、利便性の向上を図ることで、さらなる利用者数の増加を目指しています。オンラインで全国のハローワークが結ばれたことにより、雇用に関する情報はすべてネットワーク化され、利便性はとても高まりました。特に平日働いている人にとっては、ハローワークの窓口開庁時間に行くことが難しいため、オンライン化は長年急務とされていました。また、求人情報も自分の年齢や希望職種を入力するだけで検索できるようになりました。

多様化するハローワーク

人は様々な事情を抱えながら働いています。転職や休職を考える方も多いでしょうし、雇用形態も様々です。働き方の多様化に合わせて、ハローワークでは様々な事業を行なっています。その中から代表的な事業をご紹介します。

マザーズハローワーク
女性の社会進出を促進するために設置されたレディースハローワーク事業が発展したもので、結婚、出産後の再就職や、働きながらの子育て支援、サポートを行なっています。
人材銀行
全国に12ヵ所ある、経験豊かな40歳以上を対象とした転職支援事業です。管理的職業や専門的、技術的職業において、キャリアや技術を有する中高年齢層の転職や、再就職の支援を行なっています。
パートバンク、パートサテライト
パートタイム勤務、アルバイト等の非正規雇用者の労働環境改善に対する支援と、パートで働きたいという人に向けた事業です。これは労働の多様化により、あえてパートタイム勤務を選ぶ女性や、高齢者のパートでの再就職などを支援するものです。